かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> かりゆしコラム >長寿について・沖縄県の長寿の秘訣(家森幸男・京都大学大学院教授の研究)
長寿について
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
健康診断
オンライン予約
かりゆしコラム
>健康について
>長寿について
>院内新聞
>健康川柳
かりゆしニュース











長寿について
沖縄は今や世界一の長寿地域と言われている。しかも、沖縄の老人はただ単に寿命が長いだけでなく、自律度が高く、また健康度が高いと言われている。
私たちも健康で長生きできる人生が送れるように、沖縄の『オジィ・オバァの長寿の秘訣』を研究してみしょう。
沖縄県の長寿の秘訣(家森幸男・京都大学大学院教授の研究)
◎豚肉を使った多彩なメニューで、日本の他の地域では不足がちなタンパク質を豊富に摂っ
ている。しかも茹(ゆ)でて脂を落として食べている。

◎食物繊維や身体によいミネラルがたくさん含まれている昆布を日本一多く食べている。

◎あっさりした味付けで、塩分の摂取量が日本一少なく、脳卒中や胃ガンを防いでくれる。

◎大豆料理の種類が豊富で、食物性のいいタンパク質を摂っている。

■家森幸男
高血圧ラットの発明者。世界保健機関(WHO)の研究チームに加わり、25カ国・58地域の食事情をつぶさに分析した。

家森幸男氏は”長寿は遺伝ではない。相手をいたわる食材や調理に心を配ることが、成人病の予防につながると、沖縄の食は教えている。沖縄の伝統食こそ豊かな長寿を招く。”と確信しています。
参考資料 世界調査からみた沖縄の長寿要因
長寿を達成するための10の条件

Copyright(C) 2006 KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事