かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> 経鼻内視鏡検査
診療案内
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
健康診断
オンライン予約
かりゆしコラム
かりゆしニュース












胃カメラと聞くと「ゲーゲーしてとても苦しい検査」というイメージが強く、検査をすすめられても、ためらうことはありませんでしたか?

最近、胃カメラ(内視鏡)を受ける患者の苦痛を和らげる「経鼻内視鏡」が注目を集めています。この検査は文字通り内視鏡を口ではなく鼻から挿入して胃の検査を行う方法です。

当クリニックでは、今話題の楽で安全な「鼻から通す胃カメラ(経鼻内視鏡)」を行っております。ご希望の方は、受付までお問い合わせください。


鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。

苦痛が少ない

 苦痛が少ない

内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さです。鼻腔内には麻酔剤が塗布されるので、痛みはほとんどありません。
検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

 吐き気が起きにくい

一般的に行われている経口(口からの)内視鏡では、のどの奥にある舌根にスコープが接触するため、咽頭反射が起きて吐き気を催すことが多いのです。

鼻から行う内視鏡では、内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

吐き気が起きにくい

 会話ができる

検査中も会話が可能です。

質問したいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話ができるので安心です。

会話ができる

鼻からの内視鏡検査を実現する内視鏡は、こんな構造になっています。
鉛筆より細い内視鏡


 先端部約5mmの極細内視鏡

内視鏡は先端部約5mmという細さです。鉛筆と比べるとどれだけ細いかがお分かりいただけることでしょう。


 診断に必要な機能も充実

処置用具の2mmの「鉗子口」を備えているので、胃液の吸引や組織採取なども行えます。

 

診断に必要な機能も充実

 細くても観察画像は高画質

超小型CCDを搭載しているため、医師は通常の内視鏡と同等の高画質で観察が行えます。

【ご注意ください】
日頃から鼻出血が多いという方、鼻閉感が強い方、鼻の手術を受けている方は検査に不向きかもしれませんので事前に相談してください。
詳しくは診察時に担当医医師にご相談ください。



1.検査前日
 夕食は軽めにとり、21時以降の飲食(水を除く)は避け、早めの就寝を心がけましょう。
 ※採血等の事前検査が必要な場合もあります。

2.検査当日の朝
 飲食(水を除く)、喫煙、薬の摂取は避けてください。
 ※常用薬を服用されている方は事前に医師に相談してください。

3.検査前の準備
 胃の中をきれいにするため、白い液体の薬(消泡剤)を飲みます。

4.鼻の麻酔
 検査室に移動後、鼻の中に麻酔をします。

5.内視鏡検査
 医師がモニターに映るおなかの中をすみずみまで観察します。
 検査時間は3〜10分程度です。

6.検査後
 検査が終わったら身支度を整え、少し休んでください。気分や体調のすぐれないときは、すぐに医師に伝えましょう。



経鼻内視鏡をご希望の方は、下記までお問合せください。

また、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

お申込み・お問い合せは・・・

電話

098-898-0555
お問い合せフォーム こちらのフォームからお問合せください
お申込みフォーム こちらのフォームからお申込みください
Eメール

info@kariyushi.cc



▲上に戻る

Copyright(C) 2007KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事